水を抱く女

「愛が終わるとき、哀しき殺意のとき」 クリスティアン・ペッツォルト監督最新作

『東ベルリンから来た女』のクリスティアン・ペッツォルトが監督・脚本を手がけ、“水の精・ウンディーネ”の神話をモチーフに描いた恋愛ドラマ。ベルリンの都市開発を研究する歴史家ウンディーネ。彼女はアレクサンダー広場に隣接する小さなアパートで暮らし、博物館でガイドとして働いている。恋人ヨハネスが別の女性に心変わりし悲嘆に暮れる彼女の前に、愛情深い潜水作業員クリストフが現れる。2人は強く惹かれ合い、新たな愛を大切に育んでいく。やがて、ウンディーネが何かから必死に逃げようとしているような違和感をクリストフが感じ取ったことをきっかけに、彼女は自分の宿命に直面することになる。『婚約者の友人』のパウラ・ベーアが神秘的なウンディーネを妖艶に演じ、2020年・第70回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞。クリストフ役に『希望の灯り』のフランツ・ロゴフスキ。官能的なバッハの旋律にのせて、繊細に描写されるミステリアスな愛の叙事詩が綴られる。「愛する男に裏切られたとき、その男を殺して、水に還らなくてはならない」という切ない宿命を背負った女の物語が現代都市ベルリンに幻想的に蘇る。

◆作品名:水を抱く女
◆監督・脚本:クリスティアン・ペッツォルト
◆出演:パウラ・ベーア、フランツ・ロゴフスキ 他
◆2020年/ドイツ・フランス/90分/原題:Undine
◆日本語字幕:吉川美奈子
◆配給:彩プロ
◆協力:Renaissance Classics
◆公式サイト:undine.ayapro.ne.jp
© SCHRAMM FILM/LES FILMS DU LOSANGE/ZDF/ARTE/ARTE France Cinéma 2020