Ballet Company

牧阿佐美バレヱ団

牧阿佐美バレヱ団は、1956年、日本バレエ界の草分けの一人である橘秋子(1907年-1971年、牧阿佐美の母)により1933年に設立された橘バレヱ研究所、橘秋子バレヱ団を母体として創設された。2016年に創立60年を迎えた。幅広い作品のレパートリーと、高度なトレーニングを積んだダンサーの水準の高さとにより、世界のバレエシーンの第一線で多彩な活動を展開している。1971(昭和46)年より1994(平成6)年までは牧阿佐美が、また同年以降は三谷恭三が総監督を務める。上演作品はチャイコフスキーの三大バレエ『眠れる森の美女』『白鳥の湖』『くるみ割り人形』をはじめとする主要な古典全幕、文学作品をバレエ化した『ロメオとジュリエット』などのほか、フレデリック・アシュトンの『リーズの結婚~ラ・フィーユ・マル・ガルデ~』、『三銃士』や『ホフマン物語』など、日本初演となった全幕作品も数多く手がけている。ジョージ・バランシン振付の『セレナーデ』『アポロ』『ルビー』やナチョ・ドゥアト振付の『カミング・トゥギャザー』などの著名な振付家の作品にも積極的に取り組み、とりわけ近年は、フランスを代表する世界的な振付家ローラン・プティの傑作『ノートルダム・ド・パリ』『アルルの女』『若者と死』などの日本初演を果たした。また創立45周年を迎えた2001年、プティの振付・演出による新作『デューク・エリントン・バレエ』の世界初演を実現させ、ジャズとクラシック・バレエの洗練されたコラボレーションとして大きな話題を呼んだ。

チャイコフスキー記念東京バレエ団

1964年に創設、3年目の1966年にはモスクワ、レニングラードで公演を行い、ソビエト文化省より”チャイコフスキー記念”の名称を贈られた。創立以来一貫して、古典の全幕作品から現代振付家の名作まで幅広いレパートリーを誇る。モーリス・ベジャール(『ザ・カブキ』『M』)、イリ・キリアン(『パーフェクト・コンセプション』)、ジョン・ノイマイヤー(『月に寄せる七つの俳句』『時節の色』)ら現代バレエ界を代表する三大振付家によるオリジナル作品を上演。またウラジーミル・ワシーリエフの『ドン・キホーテ』、ナタリヤ・マカロワの『ラ・バヤデール』、マッツ・エックの『カルメン』、ノイマイヤーの『ロミオとジュリエット』など、当代一流の振付家の作品をその指導により上演している。21のベジャール作品をレパートリーに持ち、モーリス・ベジャール・バレエ団とは兄弟カンパニーとして認められている。ダニエル・バレンボイム、ズービン・メータなど、巨匠指揮者との共演も果たした。

 これまでに日本の舞台芸術史上始まって以来の34次775回の海外公演を行い、”日本の生んだ世界のバレエ団”として国内外で高く評価されている。32カ国155都市を巡り、とくにパリ・オペラ座、ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場などヨーロッパの名だたる歌劇場に数多く出演し絶賛を博した。

 2014年8月30日に創立50周年を迎えた。2015年8月には斎藤友佳理が芸術監督に就任。その後、2016年2月にはブルメイステル版『白鳥の湖』、2019年3月にはホームズ版『海賊』といった全幕作品をバレエ団初演している。2019年6月〜7月には第34次海外公演として、ウィーン国立歌劇場、ミラノ・スカラ座を含むヨーロッパ・ツアーで『ザ・カブキ』ほかを上演し、各地で高評を得た。

 近年は、東京文化会館での〈上野の森バレエホリデイ〉、めぐろパーシモンホールでの〈めぐろバレエ祭り〉など、地域に根ざした活動にも力を入れ、幅広い観客に親しまれるバレエ作品の上演、普及活動を行っている。