Japan Grande Classico Music in Yokohama

西本智実指揮サプリメントコンサート
– 脳科学が誘う音楽の不思議 –

「チケット払い戻しのお知らせ」

緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の発出等をうけ、出演者、関係者及びご来場の皆様の安心安全を鑑み、本公演を中止とさせていただきます。

なお、チケットの払戻方法は下記の通りとさせていただきます。誠にお手数をおかけ致しますが、ご理解ご協力のお願い申し上げます。

■払戻期間 : 2021年5月14日(金)10:00~2021年5月31日(月)23:59
払戻し期間を過ぎてしまったチケットはいかなる場合も払戻し対応をいたしかねます。
何卒、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

▶チケットぴあでご購入のお客様
【受付URL】https://t.pia.jp/guide/refund.jsp
【お問い合わせ】https://t.pia.jp/help/

▶ローソンチケットでご購入のお客さま
【受付URL】http://l-tike.com/oc/lt/haraimodoshi/
【お問い合わせ】https://faq.l-tike.com/contact/0026/0136/

▶イープラスにて購入されたお客様
チケット受取り前のため、イープラスにて返金処理を行います。
お客様ご自身での払戻し手続きは必要ございません。
なお、ご返金方法はお申込み時の支払方法により異なりますので、下記をご参照ください。

▶チケットかながわでご購入のお客様
チケットかながわより個別にご連絡を差し上げます。
お問合せ:チケットかながわ 0570-015-415(10:00~18:00)

【支払方法がクレジットカードの方】
https://eplus.jp/sf/refund1/c-type
【支払方法がクレジットカード以外の方】
『ウェルネット送金サービス』を利用して代金をご返金いたします。
※手続きが可能になりましたら、イープラスよりメールでご案内しますので、もうしばらくお待ちください。
※手続き方法はこちらで確認できます→ https://eplus.jp/sf/refund1/w-type

【お問い合わせ】https://eplus.jp/qa/

◆その他お問い合わせ
払戻しに関してご不明な点は、払戻期間内に下記までご連絡下さい。
お客様にはご迷惑をお掛け致しますことをお詫び申し上げますと共に、何卒ご理解頂きますよう、お願い申し上げます。

≪問い合わせ先≫ディスクガレージ TEL:050-5533-0888 (平日13:00~17:00)
※一時オペレーター対応を休止している場合がございます。
※詳しくはこちらをご確認下さい。https://diskgarage.com/

主催者(Renaissance Classics音楽科学公演実行委員会)

 

◆公演名

Japan Grande Classico Music Festival
「西本智実指揮サプリメントコンサート~脳科学が誘う音楽の不思議~」

◆開催日時

2021年5月28日(金)18時30分開演(17時30分開場)

◆開催会場

神奈川県立音楽堂(横浜市西区紅葉ヶ丘9-2)

◆主催

Renaissance Classics音楽科学公演実行委員会

◆特別協力

ヨーロッパ文化支援財団(EUFSC)

◆企画制作

オフィスTEN、Renaissance Classics、パシフィックコンサートマネジメント他

◆運営・協力

ぴあ、ディスクガレージ

◆指揮:西本智実
◆出演:チェロ 古川展生、ヴァイオリン 中島麻
◆管弦楽

イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

◆解説

指揮者:西本智実、医師:(東大病院所属)伊佐地里帆

◆お問合せ

ディスクガレージ カスタマーセンター
050-5533-0888(平日平日12:00~15:00)
https://www.diskgarage.com

◆チケット

プラチナ席(SS)8,000円、S席6,000円、A席5,000円、ハッピーシート2,000円(税込・全席指定)

※ハッピーシート:当日会場のみ販売
※22歳以下対象シート(当日身分証明書を提示願います)
※専門家指導による新型コロナウィルス感染症予防対策を実施。
※ソーシャルディスタンス対応席で実施。(通常定員の50%配席)

一般発売 2021年3月20日(土)

◆曲目

ドビュッシー/「小組曲」小舟にて・行列・メヌエット・バレエ 
ベートーヴェン/交響曲第6番第1楽章
R・コルサコフ/「熊蜂の飛行」
J・シュトラウス二世/「雷鳴と電光」他

Alexey Shor 「Musical Pilgrimage」チェロ独奏 古川展生
Alexey Shor「Seascapes for Violin」ヴァイオリン独奏 中島麻

西本智実

指揮者・総合舞台演出家。

世界約30ヵ国の各国を代表するオーケストラ・名門国立オペラ劇場・国際音楽祭より招聘。

世界経済フォーラム「2030年イニシアティブ」に取り組むヤンググローバルリーダー、Fondazione pro Musica e Arte Sacra「名誉賞」、広州大劇院名誉芸術顧問、大阪国際文化大使、ヨーロッパ文化支援財団(EUFSC)指名指揮者、慶応義塾大学SFC研究所上席所員(音楽科学・舞台芸術科学)ほか。

2015年(G7エルマウ・サミット)2016年(G7伊勢志摩サミット)における日本国テレビCMに起用。CNNインターナショナル(TV)、ZDF(WEBSITE)、ゲーテ・インスティトゥート(WEBSITE)、独仏共同TVテレビアルテ(TV/2020年収録済)他ドキュメンタリーで紹介されるなど、その動向は常に世界から注目を集めている。

内閣官房国家戦略室より「国家戦略担当大臣サンクスレター」。

芸術監督としての舞台演出・指揮した『泉涌寺音舞台』は【ニューヨークUS国際映像祭 TVパフォーミングアーツ部門銀賞】【ワールドメディアフェスティバル ドキュメンタリー芸術番組部門銀賞】受賞するなど受賞多数。

古川展生

桐朋学園大学卒業。チェロを故・井上頼豊、秋津智承、林峰男の各氏に師事。1995年第64回日本音楽コンクールチェロ部門第2位入賞。1996年、ハンガリー国立リスト音楽院に留学、チャバ・オンツァイ教授に師事。97年第27回マルクノイキルヘン国際コンクール(ドイツ)チェロ部門にてディプロマ賞受賞。98年帰国後、東京都交響楽団首席チェロ奏者に就任、現在に至る。2003年第2回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。2011年第31回藤堂顕一郎音楽褒賞受賞。2013年第31回京都府文化賞奨励賞受賞。現在、昭和音楽大学客員教授、桐朋学園大学非常勤講師を務める。ソリストとしても、国内多数のオーケストラ、著名指揮者と共演を重ねるほか、各地においてソロリサイタル、国内外の演奏家との共演など室内楽の活動も精力的に展開。また、ポップス、ジャズ、タンゴなど他ジャンルのアーティストとのコラボレーションやライブハウスでのコンサートも積極的に行い、藤原道山(尺八)、妹尾武(ピアノ)とのユニット「KOBUDO -古武道-」は2017年に結成10周年を迎えた。クラシックのみならず、形態にとらわれない幅広いフィールドで目覚しい活動を続け、映画「おくりびと」のテーマ曲のソロ演奏を担当するなど、人気、実力ともに各方面より注目を集めている。これまでに6枚のソロアルバムと2枚のベストコレクション(クラシック/クロスオーバー)をリリース。オフィシャルサイト:http://nobuofurukawa.com

中島麻

N.Y.にて4歳よりヴァイオリンを始める。桐朋学園女子高校音楽科、同大学卒業。ロームミュージクファンデーション奨学金を得て、オーストリア国立ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学修士課程を首席修了。江戸純子、徳永二男、イゴル・オジム各氏に、弦楽四重奏をハーゲン四重奏団に師事。2005年オーストリア・メニューイン記念音楽財団賞1位、2006年オーストリア・ライファイゼン音楽コンクール最高位の他、国内外のコンクールでの受賞多数。帰国後はゲストコンサートマスター等の依頼を度々受け、日本センチュリー交響楽団、札幌交響楽団、新日フィル、兵庫芸術文化センター管弦楽団、静岡交響楽団ほかと共演。現在、西本智実イルミナート・フィルハーモニーオーケストラのコンサートマスター。コンサートマスターとして牽引したTMP公演は文化庁芸術祭賞受賞。ソリストとしては、ドイツ・イエナ響、サンクトペテルブルク響、キエフ響等多数のオーケストラと共演。2006年には「イヴリー・ギトリスと素晴らしき仲間たちコンサート」に出演、巨匠から絶賛され『ストリング』誌表紙も飾った。室内楽でも定評があり、2014年元ウィーンフィル首席ぺーター・ヴェヒターらウィーンやベルリンのトッププレイヤーと演奏した弦楽四重奏は好評を博した。宮崎国際音楽祭、軽井沢国際音楽祭などの出演も多い。CDに2011年リリース「Asa Cantabile」『レコード芸術』誌・準特選盤がある。

★INFORMATION(新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組み)

本公演では会場ホールとともに、下記の新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みを実施致します。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

★対策と実施方法

●本公演は感染リスク低減のためソーシャルディスタンス対応の観客席配置となっております。
●本公演の来場者様には必ずマスクをご着用いただきますよう要請しております。
●本公演では物販、サイン会、ロビー飲食販売は行いません。
●本公演ではプレゼント及びスタンド花・お祝い花は、感染リスク低減のためご辞退させていただいております。
●ホールの入り口等への手指消毒液の設置をしております。
●ホール内のドアノブや手すり等、不特定多数が触れる場所の消毒を行うとともに、施設内における定期的な換気を行います。
●通常行っているスタッフによる来場者への声掛けは、安全対策上必要な場合を除き、極力減らし、掲示や館内放送等で対応37.5 度以上の発熱があった場合に限らず喉・咽頭痛などの症状がある場合は入場しないよう、ホームページ、掲示物等で要請しております。
●公演時は原則、クロークでの対応は行いません。
●公演入場時のチケットもぎりは、目視のみ、あるいは来場者に半券を切ってもらい、用意した箱に入れてもらうなど、接触を避ける対応を行います。やむを得ず半券をもぎる必要のある際は、マスク や手袋等を着用し、接触を避ける対応を行います。
●公演の舞台上の出演者間の距離を可能な限り空けて演奏会を実施致します。
●公演の座席は原則として指定席にするなどして、座席の最前列は舞台前から十分な距離を取るほか、前後左右空けた席配置にするなど、感染症予防に対応した対策を講じております。
●公演において、37.5度以上の発熱があった場合に限らず、喉・咽頭痛などの症状がある場合は来場しないよう、事前に来場者様に告知をさせていただいております。
●公演では、余裕を持ったタイムスケジュールを設定し、混雑緩和に努めます。(リハーサル・開場・休憩・終演時間等)
●ホール内のトイレは蓋を閉めて流すよう表示します。
●ホール内冷水器は使用を禁止と致します。
●ホール内の楽屋等は密集しないように、使用する部屋や人数の工夫をするなど感染拡大防止の工夫を行います。
●公演では出演者、スタッフはステージ上以外のバックステージ、楽屋等では可能な限りマスクを着用致します。
●公演終演後に、ドア付近や廊下で人が滞留しないよう声掛けをします。
●公演関係者、ホール職員は、出勤前に自宅等で検温を行い、37.5 度以上の発熱があった場合に限らず、喉・咽頭痛などの症状がある場合は自宅待機致します。
●ホール職員は、マスク着用や手指消毒を徹底し、フェイスシールドを着用させていただく場合があります。
●公演において、体調不良者があり、なおかつ当人が新型コロナウイルス感染症陽性者との接触があったことが確認された場合は、他の来場者やスタッフから離し、ただちに保健所等の指示を仰ぎます。